夫の浮気に対する女性の情緒と旦那への振る舞い

ともかく婚姻とは、色事性が薄くなって行くタイプと認識しなければいけません。
とはいっても、それはさほどお互いの内面が希薄になり離れて行くということではありませんし、また、トキメキも何でもかんでもなくなってしまうということでもありません。
『家庭』という、目新しい図形に進化していくのです。

だが、婚姻に対して色事や内面、本能的なものが一際貫くタイプときつく思っていたりすると、実際の誘因と内面にズレが生じてくる。
こうなると、男性は見た目な動物がゆえに、カワイイ女性に目移りしてしまい、結果として、夫の浮気が始まるのです。

女性は奥様であり、女性であるために各種言動をしなくてはなりません。
故に、奥さんとしての担当のみをできず、またこれをみて男性は不満を抱いてしまうために不倫をして本能を満たそうとしてしまうのです。

夫の浮気を防ぐためには、男性のためにできる限り『自分が奥さんである仕事場』を意識して生活するか、もしくは疑わしくても『不倫をしていない』とかしこくうそをついてくれるのであれば、それに乗って平穏に過ごすことが望ましいでしょう。
認識によっては冷めておる・さみしい誘因だ、と思われるかもしれませんが、お互いがお互いを思いやりあって暮らせるのであれば、常に割り切ってお互いの『家庭としての誘因』を育てていくことに重きを置いたほうがよいのではないでしょうか。